映画の鑑賞レポートを載せていこうと思います。 こちらには序々にうきゃらぴの映画日記http://members.at.infoseek.co.jp/GL1TMSD/movie.htmlの感想レポート部分を移設していきます。
by ukyarapi0914
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


<   2004年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シルミド 2004/7/4

●シルミド

【場所】川崎・チネチッタ2
【監督】カン・ウソク 【出演】カン・インチャン、ホ・ジュノ
【関係サイト】http://www.silmido-movie.jp/

○さすが義務兵役のある国の作品、俳優達の軍事訓練の動きがすごく様になっているようで。
どこかで見た顔と思っていたら、主演のカン・インチャンは去年見た「公共の敵」のはみ出し刑事、鬼教官役のホ・ジュノは「火山高」の必殺教師(笑) そして、隊長はDVDで見た「黒水仙」に出てきた。韓国映画にも少しずつ顔なじみの俳優さんが増えてきたかな。
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-07-04 09:58 | 映画・過去レポート

川崎で二本 2004/7/1

●ハリーポッターとアズガバンの囚人
HARRY POTTER AND THE PRIZONER OF AZKABAN

【日時】7/1 【場所】TOHOシネマズ川崎プレミア
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン 
【関係サイト】http://harrypotter.warnerbros.co.jp/
        http://harrypotter.jp.warnerbros.com/main/homepage/home.html

○子役達の成長が早くて、12歳?2年生という設定で今のキャストが通用するのはいつまでだろう。あんまり育ちすぎると、キャストの交代ということもありうるのかしら。

ハリー・ポッターがハーマイオニーと「時を遡るメダル」(時計だったかな)の鎖で結ばれて、タイムトリップをするシーンで何故かドキリとしたり。
全体的には安心して見られる一本なのだけど、ハリーの両親の世代の同窓会?後始末的なストーリーになって来ていて、次の展開はそれをどこまで越えられるのかしらといったところに興味が有る。(原作は読んでいませんが。)

●天国の本屋~恋火

【日時】7/1 【場所】川崎・チネチッタ1
【監督】篠原哲雄 【出演】玉山鉄二、竹内結子、原田芳雄
【関係サイト】http://movie.www.infoseek.co.jp/feature/tengokunohonya/

○メインが「星に願いを」とかコンスタントにスクリーンに登場していて、安定している竹内結子と言うことで、割と安心して見ていられる一本。

ストーリー的にはふたつのエピソードを継ぎ足したらしく、それぞれ話を動かしていた香夏子の方の竹内結子と玉山鉄二のピアニストがいつ出会うのか、やきもきしながら最後まで見ていた。
「それを一緒に観た男女は、深い仲になれる・・・」なんてロマンチックな花火が本当にあればいいのにと、恋に縁のない男としては切に思う。

「天国」の方の街並み、どこかでみた感じだと思ったら、エンドクレジットを見ると北海道各地で撮られたものらしい。
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-07-01 10:00 | 映画・過去レポート