映画の鑑賞レポートを載せていこうと思います。 こちらには序々にうきゃらぴの映画日記http://members.at.infoseek.co.jp/GL1TMSD/movie.htmlの感想レポート部分を移設していきます。
by ukyarapi0914
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


カテゴリ:映画・過去レポート( 30 )

早稲田松竹・改築後 初訪問

●コール

【日時】6/19 【場所】高田馬場 早稲田松竹
【監督】ルイス・マンドキー  
【出演】シャーリーズ・セロン、ケヴィン・ベーコン、ダコダ・ファニング
【作品関係サイト】http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD3563/story.html

○改装・再開後の「早稲田松竹」へ初お目見え。
前回行ったのは学生時代ではないけれど、かなり以前だった記憶があるような。
この作品では、誘拐される子役のダコダ・ファニングのこまっしゃくれた演技と、ケヴィン・ベーコンのいやらしい表情に喝采!
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-06-19 00:00 | 映画・過去レポート

川崎・横浜 3本ハシゴ 2004/6/13

●海猿

【日時】6/13 
【場所】川崎・チネグランデ
【監督】羽住英一郎  【出演】伊藤英明、加藤あい、藤竜也、国村隼、香里奈
【関係サイト】http://www.umizaru.jp/
○前半、「ウォーターボーイズ」風のノリで進んでいくところが、「海上保安官・潜水士」という舞台の故か、当然のごとく「事故⇒生命」という重めのテーマの話になって行って。
なんだかまだ続編がある感じで、企画が進んでいるようですね。結構見てみたいかも。

※予告編「レディ・ジョーカー」:犯人役が渡哲也かあ・・・ちょっと格好よすぎるような。

●阿修羅のごとく

【日時】6/13 【場所】横浜黄金町・シネマベティ
【監督】森田芳光 【出演】大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子、仲代達也、八千草薫、小林薫
【関係サイト】http://www.asyura-movie.jp/

○4人姉妹の中では黒木瞳の次女が狂言回し的存在で、深津絵里の三女がキャラクター的にはストーリーの中で一番いいような感じの書かれ方だろうか。
全体的には仲代達也の「存在感」に頼りすぎなつくりかもしれない。

●半落ち

【日時】6/13 【場所】横浜黄金町・シネマベティ
【監督】佐々部清 【出演者】寺尾聡、柴田恭兵、吉岡秀隆、鶴田真由、奈良岡朋子、樹木希林、伊原剛志
【関係サイト】http://www.hanochi.jp/

○ここではなんだか実は、私自身も年齢的に身近になりつつあるテーマを書き出している。
吉岡秀隆の演ずる、自分もまた病に犯されている父をもった裁判官の描き方がキーポイントのはずだけれど、あまり突っ込まれていなくて、公判中の尋問シーンで割りと重要な台詞を言うのだけれど、吉岡の若さ故か、かなり上滑りをしていた感じはあるが、他のキャラクターはよく書き込まれていたようで。「CASSHERN」のラスト近くで見せた寺尾聡の油濃い笑みが何故かこちらの淡々としたキャラクターに、妙に被って見えたりもした。

○黄金町のシネマジャック&ベティのお向かいが、「横浜日劇」。小さい構えながらもネオンぎらぎら・ポスターべたべたの古いタイプの映画館を久しぶりに見た。
こちらのシネマジャック&ベティは雑居ビルの中に組み込まれている状態で、目黒や三軒茶屋の映画館と似た感じ、お客さんは年配の方が多かった。
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-06-13 00:00 | 映画・過去レポート

2004/6/12

●イノセンス

【日時】6/12 【場所】品川・メルシャン アイマックスシアター
【監督】押井 守 【原作】士郎正宗
【関係サイト】http://www.production-ig.co.jp/anime/innocence/index.html 
         http://www.innocence-movie.jp/

○「攻殻機動隊」シリーズの続編エピソード。
設定では近未来の日本が舞台なのだけれど、何で近未来都市では皆、中華風になってしまうのだろう(笑)
「ブレードランナー」の見過ぎなのか、それとも多国籍カルチャーや他民族に侵食されてしまう日本の将来を予測しているのか。
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-06-12 00:00 | 映画・過去レポート

世界の中心で愛を叫ぶ 2004/6/6

●世界の中心で、愛を叫ぶ

【日時】6/6 
【場所】川崎・チネチッタ8
【監督】行定勲 
【出演】大沢たかお、柴咲コウ、長澤まさみ、森山未來、山崎 努
【関係サイト】http://aiosakebu.yahoo.co.jp/

○律子(柴咲コウ)が朔太郎(大沢たかお)と新居を構えるはずの引越の時、出てきた一本のテープ。興味本位で古びたそのテープを聞いたとき、かつての律子が自分は知らなかったとはいえ、決してやってはいけない過ちを犯したことに気がつく。
その一本のテープがきっかけとなって、二人の間の共通の記憶としてのアキ(長澤まさみ)がよみがえり、二人それぞれが近づく台風の中、彼女の記憶をたどる旅を。

個人的には、作中の写真館の主人役・山崎努の存在感に驚き、テープから聞こえてくる長澤まさみの「想い」にちょっと(いや、結構の量か)ばかり涙が出ました。
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-06-06 00:00 | 映画・過去レポート

映画の日・3本立て 2004/6/1

●キューティーハニー

【日時】6/1 
【場所】丸の内シャンゼリゼ
【監督】庵野秀明 
【出演】佐藤江梨子、市川日美子、村上淳
【関係サイト】http://www.cutiehoney.com/

○実写版アニメーション?といった感じの、一見バカバカしいような、でも肩の凝らないつくりでなかなか楽しめるような。
及川光博のブラッククローは一見「マジンガーZ」のあしゅら男爵を思わせるようなキャラで、てっきり持っている杖はそちらから持ってきた設定の小道具と思いきや、実は先端が超ナルシズムなテーマソングを歌うためのカラオケマイクだったというオチ。
パンサークローの戦闘員達と早見青児が常に帽子のつばに手をやっているのはなんのこだわりだろう(笑)


●スキャンダル

【日時】6/1 
【場所】シネカノン有楽町
【監督】イ・ジョエン 
【出演】ぺ・ヨンジュン、チョン・ドヨン
【関係サイト】http://www.scandal-movie.com/

○「冬のソナタ」のヨン様の主演作品。映画の日の上映劇場はほぼ満員の入りでしたが、「ヨン様があんなことやそんなことを」とか言っていたのが聞こえたりして(笑)
ヨン様の演ずるプレイボーイが、未亡人を遊びで落としていくはずなのに、罠を掛けた方・掛けられた方の両方とも本気になっていく様を、きれいな画像と丁寧なつくりで描いていく。

●きょうのできごと
a day on the plamnet

【日時】6/1 
【場所】テアトル池袋
【監督】行定勲 
【出演】田中麗奈、池脇千鶴、津田寛治、妻夫木聡、柏原収史
【関係サイト】http://www.kyodeki.jp/index2.htm

○そういえば、本筋に関係ないところで派谷恵美が育っていたのに驚いてみたり(笑)
女の子に関西弁でまくしたてられるというのが、意外と快感だということを発見。しかし、これが河内弁とかだったらまた違いそうな感じ。
(まるきりの余談・安田美沙子の京都弁はご本人が割合と明るめの性格なのか、あまり嫌味に聞こえないけれど、状況によっては京言葉はかなりの破壊力があったりする(笑)
ちなみにかすみちゃんが育った東大阪は言葉のテリトリーとしては、どこら辺に当たるのだろう。)
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-06-01 00:00 | 映画・過去レポート

2004/5 (月間まとめ)

●クリムゾンリバー2
【日時】5/30 
【場所】川崎・チネチッタ6
【関係サイト】http://www.cr2.jp/

※当時の日記に何も書いていないところを見ると、特に感想無しなのか(汗)


●CASSHERN

【日時】5/8 (この日はオールナイトのハシゴ) 
【場所】川崎・チネチッタ12
【監督】紀里谷和明 
【出演】伊勢谷友介、麻生久美子、大滝秀治、寺尾聡、唐沢寿明
【関係サイト】http://www.casshern.com/

○敵役たるアンドロ軍団のメカの再現や動きなどは気持ち悪いほどによく出来ていたし、舞台となった「大亜細亜連邦共和国」の爛れたような雰囲気や体制の描き出し方等の設定は人によってはえらいハマル感じか。
(大滝秀治の上条将軍のしぶとさは結構目立っていたけど、それに比べるとその息子さんは理想肌で少しばかり線が細かった。
しかし、大滝秀治の肖像を日々崇める世界というのはなんかとても暗いものがあるような。) あの新造細胞を活性化させるきっかけのあの雷はなんだったのだろう?なんだか固形のものだった?)
 
昔のアニメの「新造人間キャシャーン」でも割と重めのテーマを扱っていたような気がするけれど、公式サイトにあるようなテーマ『人間はなぜ争うのか?』をここまで描くには適切な題材だったのかは判断が付きにくいところ。人によっては宇多田ヒカルの楽曲ばかりが頭に残ったりしないだろうか。



●ホーンテッド マンション

【日時】5/8
【場所】川崎・チネチッタ8
【監督】ロブ・ミンコフ 
【出演】エディ・マーフィー、テレンス・スタンプ
【関係サイト】http://www.disney.co.jp/haunted/top.html

○ここらへんは単純に笑うことが出来ればいいかと。テレンス・スタンプの演技者としての格の違いは別にして。



●アップルシード

【日時】5/8 
【場所】TOHOシネマズ川崎4
【監督】荒牧伸志 
【原作】士郎正宗
【関係サイト】http://www.a-seed.jp/index2.html

○映像がモーションキャプチャーそのままな感じはあるけれど、かなりいい出来の作品だったと思います。



●ドラムライン

【日時】5/8 
【場所】川崎・チネチッタ10
【監督】チャールズ・オースティン3rd 
【出演】ニック・キャノン、オーランド・ジョーンズ
【関係サイト】http://www.foxjapan.com/movies/drumline/

○オーランド・ジョーンズって、アメリカ版・生瀬勝久って感じのキャラクターだろうか。とさすがにオールナイト4本目になると、作品について覚えている記憶量が少ない。
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-05-31 00:00 | 映画・過去レポート

2004/4 (月間まとめ)

●人狼 JIN-ROH

【日時】4/4 【場所】DVD鑑賞 
【原作・脚本】押井守 
【監督】沖浦啓之 
【製作】バンダイビジュアル/ING
【関係サイト】 http://www.production-ig.co.jp/anime/jin-roh/index.html 制作 Production I.Gの作品サイト

○「可能性としての戦後史。もうひとつの東京。」

アメリカが参戦せず、ナチスが政権をとらなかったドイツ・イギリスの連合国と戦った日本。
戦後日本はドイツの占領軍を受け入れ、治安は戦時中までの国家警察が廃止された代わりに発足した自治体警察によって守られている。
復興の陰で表に出てきた体制の歪みに反抗を繰り返す過激派。そのテロ行為に対抗するにはその自治体警察の力だけでは足りず、自衛隊の治安出動を回避させねばならない。
そこで妥協の産物として設立された「首都圏治安警察機構」。そのなかでも特機隊は従来の機動隊に象徴される警察力を上回る重火器による打撃力・機動力を持ち、それゆえに過激派との先頭はいっそうのエスカレートをしていき、復興・景気回復をしていく世間とはますます乖離した存在となっていく。
その設定はなかなかそういった方面の人がハマるもので、肝心の作絵の方もその年代の「東京」が都電や背景などからじっくりと描写されていて、なかなか興味深い

しかし、押井監督がらみの作品って言うのは、パトレイバーの特車2課にしても、この特機隊、「攻殻機動隊」の公安9課にしても、権力側のはぐれものが多く、
そんなものたちを作品に取り上げるのがお好きなようで。




●ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

【日時】4/3 
【場所】川崎・チネチッタ11
【監督】ピーター・ジャクソン 
【出演】イライジャ・ウッド イアン・マッケラン ヒューゴ・ウィービング 
【関係サイト】http://www.lotr.jp/
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-04-30 00:00 | 映画・過去レポート

2004/3 (月間まとめ)

●ラストサムライ 
THE LAST SAMURAI

【日時】3/28 
【場所】銀座シネパトス2 
【製作】2003年
【監督】エドワード・ズウィック 
【出演】トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之、小雪、中村七之助
【関係サイト】http://www.lastsamurai.jp/

文明開化策を取る中央政府に対して、従来のサムライを中心とする身分制度を守ろうとする明治維新後の旧薩摩領と思しき、半鎖国をしている領地を治める維新の功臣でもある領主(渡辺謙)と、中央政府の軍事顧問として雇われたかつての南北戦争の英雄であるアメリカ軍大尉(トム・クルーズ)の出会いと心の交流。
トム・クルーズは失われたサムライ文化に何を見つけたのか。



●ほんとうにあった怖い話 怨霊 劇場版
        (舞台挨拶付き)

【日時】3/28 
【場所】テアトル池袋 
【監督】山本清史 
【出演】仲根かすみ、高松いく、西本はるか、アンジャッシュ 
【製作】パル企画 2004年

オムニバス形式なのだけれど、従来のホラーの表現形式を忠実になぞりすぎて、その域を越えていない焼き直し作品ともいえるところもあって、残念ながら公開当時に人気があったキャストの知名度に頼っていた作品群のような気がする。



●マスター・アンド・コマンダー

【日時】3/27 
【場所】TOHOシネマズ川崎7 
【監督】ピーター・ウィァー 
【原作】パトリック・オブライアン 
【出演】ラッセル・クロウ 【製作】2003年
【関係サイト】http://www.movies.co.jp/masterandcommander/
フォレスターの「ホーンブロワー」シリーズとか好きなもので、結構楽しく拝見しました。



●チルソクの夏

【日時】3/26(試写会) 
【場所】霞ヶ関・イイノホール
【監督】佐々部 清 
【出演】水谷妃里・桂亜沙美・上野樹里・三村恭代・山本譲二 
【製作】2002年
【作品HP】http://www.chirusoku.jp/

○今回の試写会は舞台挨拶ありで、ゲストは佐々部監督(「半落ち」撮られた方なんですね。)・主演の水谷妃里さん・桂亜沙美さん・あと男の子二人(名前忘れました・・・) そして、作品応援団長の自民党安倍幹事長・黒谷友香さん(幹事長は映画のロケ地・下関が地盤)

舞台はまだ自由な交流の出来なかった1977年頃の日本・下関と韓国・釜山。
このちょっと難しい時代を背景に、下関と釜山の都市交流陸上競技大会でふとしたきっかけに出会った二人の高校生。郁子と安

 作品のチラシにもあったように今のように「メールや携帯なんかなかった時代」、遠く離れた二人はそれこそ一年に一度の交流競技大会でしか会えないわけで、それだけにお互いを想う気持ちは強いのだけれど、郁子の部活友達を除いた二人を取り巻く周囲の人々は、それまでの両国の歴史ゆえにそれを許すことが出来ない。
確かに韓国で日本文化が解禁になったのはつい最近の出来事のように記憶しているし、ストーリーの中でこのモチーフがうまくこなれていなかった(むしろ、これを強調しすぎるとバランスが崩れるか)シーンもあったような気はする。
でも、そこらへんは主演若手女優陣4人のフレッシュさで補われており、また「なごり雪」という誰でも知っている歌(最近は松浦亜弥がカバーしているんですね。。。)をうまく使ったことで、全体がいい感じに仕上がっている感じはします。
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-03-31 00:00 | 映画・過去レポート

2004/2(月間まとめ)

※この月は映画見ていないんです(汗)
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-02-29 00:00 | 映画・過去レポート

2004/1(月間まとめ)

※この月は映画見ていないんです(汗)
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-01-31 00:00 | 映画・過去レポート