映画の鑑賞レポートを載せていこうと思います。 こちらには序々にうきゃらぴの映画日記http://members.at.infoseek.co.jp/GL1TMSD/movie.htmlの感想レポート部分を移設していきます。
by ukyarapi0914
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


川崎・横浜 3本ハシゴ 2004/6/13

●海猿

【日時】6/13 
【場所】川崎・チネグランデ
【監督】羽住英一郎  【出演】伊藤英明、加藤あい、藤竜也、国村隼、香里奈
【関係サイト】http://www.umizaru.jp/
○前半、「ウォーターボーイズ」風のノリで進んでいくところが、「海上保安官・潜水士」という舞台の故か、当然のごとく「事故⇒生命」という重めのテーマの話になって行って。
なんだかまだ続編がある感じで、企画が進んでいるようですね。結構見てみたいかも。

※予告編「レディ・ジョーカー」:犯人役が渡哲也かあ・・・ちょっと格好よすぎるような。

●阿修羅のごとく

【日時】6/13 【場所】横浜黄金町・シネマベティ
【監督】森田芳光 【出演】大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子、仲代達也、八千草薫、小林薫
【関係サイト】http://www.asyura-movie.jp/

○4人姉妹の中では黒木瞳の次女が狂言回し的存在で、深津絵里の三女がキャラクター的にはストーリーの中で一番いいような感じの書かれ方だろうか。
全体的には仲代達也の「存在感」に頼りすぎなつくりかもしれない。

●半落ち

【日時】6/13 【場所】横浜黄金町・シネマベティ
【監督】佐々部清 【出演者】寺尾聡、柴田恭兵、吉岡秀隆、鶴田真由、奈良岡朋子、樹木希林、伊原剛志
【関係サイト】http://www.hanochi.jp/

○ここではなんだか実は、私自身も年齢的に身近になりつつあるテーマを書き出している。
吉岡秀隆の演ずる、自分もまた病に犯されている父をもった裁判官の描き方がキーポイントのはずだけれど、あまり突っ込まれていなくて、公判中の尋問シーンで割りと重要な台詞を言うのだけれど、吉岡の若さ故か、かなり上滑りをしていた感じはあるが、他のキャラクターはよく書き込まれていたようで。「CASSHERN」のラスト近くで見せた寺尾聡の油濃い笑みが何故かこちらの淡々としたキャラクターに、妙に被って見えたりもした。

○黄金町のシネマジャック&ベティのお向かいが、「横浜日劇」。小さい構えながらもネオンぎらぎら・ポスターべたべたの古いタイプの映画館を久しぶりに見た。
こちらのシネマジャック&ベティは雑居ビルの中に組み込まれている状態で、目黒や三軒茶屋の映画館と似た感じ、お客さんは年配の方が多かった。
[PR]
by ukyarapi0914 | 2004-06-13 00:00 | 映画・過去レポート
<< 早稲田松竹・改築後 初訪問 2004/6/12 >>